介護の仕事内容

介護の仕事内容

介護の仕事は、お年寄りや障害を持たれた方のお世話をすることが中心です。お年寄りの中には、認知症などの方も含まれています。主に着替え、身支度、排泄、食事、口腔ケア、入浴などの面倒を見ます。

 

施設によって、お誕生会やクリスマス会等の行事も行います。

 

デイサービス、老人ホームなどでのお仕事もありますが、訪問して介護をするお仕事や訪問して入浴だけを行う入浴介護もあります。施設での介護と訪問介護がどちらが良いかは、考え方や好み、適性もありますから一概には言えません。

 

外で働いたほうが気分転換ができると感じるなら、訪問の方が合っているでしょうし、
同じ施設内でじっくり仕事したいならデイサービス等が良いでしょう。

 

どうしても排泄のお世話は苦手だけど、力はあるという方なら、訪問入浴介護が適しているかも知れません。私の知り合いのおばあさんが、痴呆で介護施設に入っていますが、ひとりひとりに介護福祉士さんが担当についてくれています。

 

定期的に家族に写真を送ってきてくれ、誕生会で楽しそうに笑っている姿を拝見しました。そんなところからも、優しくてやる気のある介護福祉士さんに面倒を見てもらえるお年寄りは幸せだと感じます。

 

逆に、「やりたくないけれど、この仕事しかなかった」というような方は、
周りから見ても分かりますし、本人もやりたくない仕事なら大変です。

 

やる気さえあれば、お年寄りに感謝されながら一生懸命に介護するお仕事はとても素敵な職業だと感じました。