介護用品取り扱い

介護用品取り扱い

直接利用者のお世話をするだけでなく、介護保険で手配出来る介護用品をレンタルしたり購入したりするための仕事もまた、介護資格を持つ人が行う仕事です。

 

介護用品にもいろいろあり、介護用ベッドや車いす、トイレなどさまざまな用品があります。これらは福祉用具という指定がされている種類のものに限り、介護保険を適用して購入やレンタルが出来ます。

 

費用は1割負担ですので、利用者にとってはかなり助かりますね。

 

ベッドの横に据え付けて、ベッドから身体を自動で持ち上げるリフターなどは専門の知識が必要ですし、どういったものを用意すると生活が楽になるかの相談を受けるにも、取り扱うスタッフが介護の知識を持っていることがベストですね。

 

介護の勉強をしたけれど、どうしても細やかなお世話が出来ないという男性などが仕事場として選ぶことも多いようです。

 

福祉用具は介護保険の支給限度額内であれば1割負担で使えますが、その他にも毎年10万円までの製品であれば1割負担で購入も可能です。一番多いのはやはりベッドですが、都道府県指定の事業者からの購入でなければ適用されません。介護スタッフとして仕事を求めるのであれば、そうした都道府県の指定業者の求人に応えることが近道でしょう。

 

別に福祉用具の取り扱い者には介護資格は必要ありませんが、持っているほうが雇用は優遇されるでしょう。大型の機材であれば実際に自宅へ運んで設置まで行うことになりますので、その時にどのように設置すれば効率が良いかなどアドバイス出来るほうがより良い仕事が出来ます。