介護資格について

介護資格について

介護に関する資格はいくつかあり、日本は介護保険法によって、平成25年4月1日から「介護職員初任者研修課程修了」に統一されました。

 

日本の介護に関する法令はかなり頻繁に見直されている最中で、この措置もつい最近施工されたばかりの内容です。それ以前には「訪問介護員養成研修課程修了」、「介護職員基礎研修課程修了」という資格があり、通称ホームヘルパーやヘルパーと呼ばれていた資格でしたが、それらを統合して国家資格である介護福祉士へとつながる方針に変わりつつあります。

 

ただ、以前取得した修了資格が無効になるわけではありません。

 

基本的には、介護に関連する施設などで働く際には特別資格が必要なわけではありませんが、介護保険の利用者宅へ訪問介護を行う場合には旧ホームヘルパーの資格が必要です。

 

利用者宅では1:1の介護サービスを行う必要があります。他に頼れる人もいません。高齢者の身体に負担の無いような接し方から、ケアマネジャーとの連携、行って良いこと悪いことなどの知識がないまま一人で仕事に従事するわけにはいきませんので、最低でも介護職員初任者研修課程(旧 ホームヘルパー2級)の資格は必要となります。

 

法律が変わるのでかなり煩雑になってしまっていますが、介護資格以外にも福祉関連の資格はたくさんあります。最初からいろいろ言われてもわけがわからなくなると思いますので、まずゼロから介護資格に挑戦するなら、介護職員初任者研修修了を目指しましょう。

 

▼通信・通学講座を探すならココ▼