介護老人福祉施設

介護老人福祉施設

「介護老人福祉施設」ときいてピンと来る人は、よほど社会の勉強をしている人か介護の勉強をしている人でしょう。一般的には「特別養護老人ホーム」とか「特養(とくよう)」などという昔の通称で呼ばれます。

 

法律によって呼び名が変わっていますが、同じ施設を差しています。

 

おそらく介護と聞いて施設を思い浮かべるのはほとんどこの施設だと思います。

 

入所するには要介護認定が必要で、自宅での生活が困難であり常時介護が必要とされる人が入所の権利を持ちます。入所すると中に自分の個室が用意され、そこが自宅となります。

 

利用者はただ世話をされるわけではなく、生活の質やからだの機能を低下させないための機能訓練が行われ、健康を維持する努力が行われます。同じような施設でも、自宅での生活が可能な人は日帰りで通うデイサービスやショートステイという短期間の宿泊を行う場合もあります。

 

全国の介護の仕事や求人の多くは、こうした施設の職場が多いでしょう。

 

このような職場を選ぶ場合の注意点は、夜勤や早朝を含む時間帯が存在することです。

 

その分手当はつきますが、看護師や医師と同じように夜中でも早朝でも勤務する必要が出てくる場合がありますので、自分の生活の都合が付かない人は難しい可能性があります。

 

常時たくさんの人数の高齢者にケガや病気の無いよう注意しておく必要もありますし、身体を支えたり荷物を運んだりといった肉体労働もたくさんあります。体力に自身のある人には是非頑張っていただきたい職場ですね。