介護の仕事とは

介護の仕事とは

介護の仕事と言っても、その仕事内容は多岐に渡ります。

 

最近は、高齢化が社会問題になっていますから、介護というと真っ先にお年寄りの介護を思い出す方も多いでしょう。中には知的障害者や身体障害者の介護もあります。

 

基本的には、身の回りの世話が多いです。
着替え、食事、排泄、入浴などの生活の全ての補助を行います。

 

対人支援サービスですから、やりがいや喜びをダイレクトに感じやすい仕事でもあります。反面、重労働ですし、本気で取り組まないと難しい仕事とも言えます。

 

介護職は、人手不足ですから、未経験で飛び込んでも仕事は十分あります。

 

働きながらヘルパーや介護福祉士の資格を取って将来的にはケアマネージャーとして働くことも可能です。このようにステップアップしていくこともできますから、向いていれば毎日が充実して働くことが可能です。

 

「人対人」の仕事ですから、相手によってはとても感謝されてそれを態度や言葉で表して頂ける場合もあります。たとえ、転職を繰り返してきた方でも、何の資格を持っていない方でも、ブランクのある主婦でも入り込む余地のある業界です。

 

ご存知のように4Kとか3Kとか言われる業界でもありますが、この仕事を選んでやりがいを感じて働いている方は大勢いるのです。