介護の色々な資格

介護の色々な資格

介護に関係する資格で、その他の専門資格について紹介しておきましょう。

 

医師や看護師はもちろんですが、社会福祉士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員、居宅介護従業者、重度訪問介護従業者、行動援護従業者、理学療法士、、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、栄養士など、介護の現場を支える資格者はほんとうにたくさん存在します。

 

特に理学療法士はリハビリなどで身体機能を取り戻すための知識と技術を持った資格者ですが、脳梗塞などで麻痺を持った場合の能力回復や循環器、呼吸器の能力向上、マッサージや温寒療法、電気刺激などあらゆる物理療法に関する知識を持つため、介護施設でも非常に需要の高い資格者です。

 

高齢者が日常生活の質の低下を招いてしまうのは、肉体的な運動能力の低下が引き金になってしまうことがとても多いです。ずっと元気で自由に動けるということがどれだけ脳にも良い影響を与えているかということですね。

 

ただし、理学療法士になるには国家試験を通る必要があり、しかも試験を受ける権利を得るためには養成学校で3年以上勉強する必要があります。昔はこの養成学校が非常に少なく、なかなか理学療法士が育たない国でしたが、現在は需要に応えてかなりその数も増えてきたと言います。

 

これからは介護の現場も変わってくる可能性がありますね。

 

一言で介護の仕事と言っても、実にたくさんの役割があり、専門の資格があります。
どういった仕事を身につけたいのか、自分が何のプロになるのかを見極める必要があるかもしれませんね。

 

▼通信・通学講座を探すならココ▼